著作権に関するルールは、「著作権法」というルールで守られています。著作権法(昭和45年5月6日法律第48号)は、知的財産権の一つである著作権の範囲と内容について定める日本の法律です。

著作権は、著作物を生み出す著作者の努力や苦労に報いることによって、日本の文化が発展できるように、著作物の正しい利用をうながし、著作権を保護することを目的とされています。

著作物とは、精神的労作の所産として、文芸・学術・美術・音楽・建築などに関して思想・感情を創作的に表現したものとされています。

Alto Magazzinoによって創作された、写真、動画、ブログの文章は、Alto Magazzinoが所有する知的所有権である事を主張し、知的所有権は無法式主義のシステムにより著作権として所有が保護されています。

Alto Magazzinoは、第三者に対し、知的所有権並びに著作物にあたる写真、動画、ブログ文章の譲渡、複製、改変利用を認めた事実はなく、AltoMagazzinoによって創作されたインターネット上の著作物に対して、使用を認めた事実もございません。

よって、Alto Magazzinoへの著作物に対しての権利の侵害が認められた時は、著作権侵害、違反、盗作などに該当する可能性がございます事、ご留意くださいませ。