Popcorn Movie

Popcorn Movie それは、ポップコーンを片手に気軽に楽しめるような映画、 誰もが知っているような、これぞ映画というような、 観る事を純粋に楽しめる映画に使われたりする言葉です。 今期のAlto Magazzinoのテーマは ADVENTURE 前々回のブログで書かせて頂きましたが、 お店で表現をしていきたい事を言葉に変えるとするならば、 Popcorn Movieのようなお店 です。 言葉のイメージから感じるように、 映画の中のような世界観、軽快さや楽しさ、 ワクワク、ドキドキするような気持ちなど、 色々な気持ちが込められているのですが、 もうひとつ「特別に思えるお店」という言葉は欠かせません。 そのお話を少しだけさせて頂きます。 誰にでも「特別に思えるお店」というのがあるのではないでしょうか。 ついつい足を運びたくなるご飯屋さん、 お気に入りのお洋服屋や本屋さん、 近所のお弁当屋やたばこ屋さんかもしれません。 私が特別だと思うお店のひとつに、 九州高速道路、改修工事をする前の旧山田パーキングエリアで、 おばあちゃん一人でおまんじゅうを売っていた出店がありました。 そのおばあちゃんの出店は目立つ所には無く、 近くには、どっしりとした店構えで、 数人の店員さんがおまんじゅうを売っているお店もありました。 そのお店から流れる大きな音楽にかき消されながら、 「温かいまんじゅうはいらんかえ」 おばあちゃんの声が聞こえてきました。 低い椅子に腰掛け、丸く丸まった背中から吐き出すように 一生懸命にアナウンスを繰り返す声が聞こえた時、 私はお腹は空いていませんでしたが、 どうしても

TOMORROW is ANOTHER DAY

¥1,300+tax 今日、ふと目に止まった文字、 TOMORROW is ANOTHER DAY 日本製の真っ白なセラミックマグに 男前なインテリアやインダストリアルな雰囲気を掻き立ててくれる文字でプリントされた、 Alto Magazzinoに入荷したばかりの商品です。 「明日は別の日」 普段はデザインでしか見ない文字も、 心のあり方によって文字が現れるから面白い、 そんな事を考えた瞬間、 あるお客様がご来店下さいました。 そのお客様は店内をとても楽しそうに見てくださり、 しばらくすると「私はこのお店が好きです」 そう私に話しかけて下さいました。 お客様はバングラデシュから来られているとの事で、 Alto Magazzinoには、バングラデシュの商品もあった為、 商品や生産地のお話などで一気に距離は縮まり、 その後も色々なお話をさせて頂きました。 日本に来られている理由を尋ねると、 マレーシアの大学を経て今は日本に勉強に来ている、 来年バングラデシュに帰ったら学校を建てる土地を探し、 その後はお金を貯める為にもう一度日本に来て、 数年間学校で働きながら学び、 再び帰国した後、子供達に他国の事を伝えたり、 勉強を教える事で、今の貧しい国の状況を変えていきたい。 真っ直ぐな目でお話されるお客様を見て、 私は必ずそうされると感じ、 そのままの気持ちをお伝えしました。 お客様は、この商品を国に戻ったら部屋に飾りたい、 この生地やこのデザインが好きなど、 笑顔で商品を見て下さり、 販売をさせて頂ける私には何よりも幸せな時間でした。 TOMORROW is ANOTHER DAY 明日

Archive
Search By Tags